【恋愛ストア】女性のための恋愛ハウツー

menu

恋愛store-女性のための恋愛テクニック-恋愛コラムが満載!

不眠に悩む女性へ。眠れないを解消! 熟睡するための5つの処方箋

皆さんは、毎日の睡眠をしっかりと熟睡出来ているでしょうか?
最近の現代女性の間では不眠症で睡眠薬が手放せない、なんて方も多くいます。
今回は、そんな不眠症を予防・改善するための生活習慣についてご紹介していこうと思います。

食事は睡眠の3時間前までに済ます

眠る前に食事を行うと、消化管が活動することで副交感神経が活発化しリラックス状態にすることが出来ますが、女性の場合だと胃もたれなどが生じやすく熟睡を邪魔してしまう為、食事は睡眠の3時間前までに済ますようにしましょう。

眠る前のカフェイン・ビールは避ける

眠る前のカフェインは、覚醒させる作用があり熟睡を妨げます。
その為、熟睡が得られず利尿作用もあるためトイレに覚醒してしまう場合もありお勧めしません。
また、ビールも同じように利尿作用があるうえ睡眠の質を下げてしまい熟睡を妨げます。
熟睡したい場合などには、ぜひこれらの飲物は避けましょう。

入浴はぬるめのお湯にゆったりと浸かる

38℃~39℃(40℃以下)の湯船にゆっくりと20~30分間浸かるようにして、副交感神経(リラックスした状態の神経)を優位に立たせましょう。
副交感神経が優位になることで、身体がリラックスした状態になり、ゆっくりと熟睡することが出来ます。
入浴後は湯冷めしないうちに布団に入れば、体温が下がると同時に徐々に眠たくなってきて熟睡することが出来ます。

化粧落としに時間をかけない

メイク落としにクレンジングオイルを使っていますか?
一般的なクレンジングオイルは肌に負担をかけるためあまり使わない方が良いですが、
シュウウエムラのクレンジングオイルは肌に負担をかけることなく、メイクを落とすことができるためオススメです。
シュウウエムラクレンジングオイル口コミhttp://lier.jp/3046/

眠る環境を整える

眠る前に、まず環境も整えていきましょう。
まず、パソコンやスマホ機器を触りすぎない。
寝室のベッド周りや、寝具を整えること。また、寝室の証明はできるだけ暗くしましょう。
環境を整えることで、睡眠の質は変わります。ぜひ、お試しください。

まとめ

最近、気温差や花粉など様々な影響で熟睡を妨害されやすい時期です。
これらの方法をみながら、少しでも熟睡を意識して行動し「よく眠れた」と思うような

熟睡できるよう、他の方法も試してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事